スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酷暑!灼熱!!熱暴走!!!

黒豚:・・・

焦豚:おい、そこの黒いの

黒豚:なんだよ

焦豚:この熱さだと本当に焼き豚になっちまうぞ

黒豚:名実共にチャーシューになるわけだな

焦豚:ああ、まったく悲しい話だな

赤鳥:あの二人はいったい何を話してるんですか?

青鳥:豚にしかわからない話があるんだろうよ

赤鳥:・・・?

青鳥:それにあんただって焼き鳥になるかもしれないわよ?

赤鳥:・・・???






裏豚:つまり何を伝えたいかって言うと今年暑過ぎるだろうと

黒豚:なんたって6月下旬からこの暑さだからなあ

裏豚:ちなみにメタな話になるんだけど

焦豚:おう、言ってみろ

裏豚:俺の部屋さ、クーラー壊れてるんだよね

黒豚:なんだクーラー壊れてるのかHAHAHA

赤鳥:まあ悲惨な話ですね

裏豚:もうね・・・暑すぎて寝ることも難しいからな

青鳥:いいんじゃない? この夏でいい感じに溶けれるよ?

裏豚:溶ける・・・溶ける?

青鳥:脳みそ溶けきって馬鹿になってしまえb

黒豚:おっと、中の人の暴言はそこまでだ

青鳥:いいじゃないのよ、愛のある悪口よ?

焦豚:悪口に愛も何も無いって

裏豚:とにかく! クーラーでもエアコンでもいいから誰か寄付して・・・

赤鳥:真面目に返答すると絶対にありえないですけどね






焦豚:時に中の人よ

裏豚:俺のことか?

焦豚:お前以外に誰がいるんだよ

裏豚:だろうなあ・・・んで、どうした?

焦豚:タイトルの熱暴走とはなんだね

黒豚:お前熱暴走も知らないのかよwww

焦豚:知らないな・・・じゃあ黒豚が説明してくれよ

黒豚:熱暴走ってのはなww暑さに脳がやられて自我をなくしてwww発狂することだよwwww

焦豚:今のお前のことだろ

裏豚:そもそも説明も間違ってるけどな

焦豚:じゃあ正しい説明をしてもらえないか?

裏豚:ああ、熱暴走ってのは簡潔に言えばオーバーヒートのことだよ

焦豚:オーバーヒート? パソコンのか?

裏豚:そういうことだな、特に夏に多い気がする

焦豚:気がするって・・・

裏豚:そうだな、去年実際にパソコンがやられまくった記憶がだな

焦豚:今年こそやばいだろ、中の基盤から暑さでやられたりしてなw

裏豚:あながちありそうだよな、笑えない

焦豚:あ、ああ・・・

裏豚:ところで熱暴走した黒豚はどうした

焦豚:そういえばいなくなったな、どこいった?






黒豚:うはwww暑いwwwwwワロエナイwwwwww

青鳥:赤鳥、このアホはいったいなんだ

赤鳥:さあ?

黒豚:おっすww青姉wwww暑いwww助けてwwww

赤鳥:暑いから冷やしてほしいみたいですよ?

青鳥:なら赤鳥、水と氷・・・ああ、塩も持ってきてくれる?

赤鳥:いいですけど・・・塩?

青鳥:氷に塩を混ぜるとさらに冷たくなるのよ

黒豚:えwwなんかwww不吉な予感がするwwwww

青鳥:どれぐらい冷たくなるのか実験したいから・・・ね?

赤鳥:黒豚k、先に言っておきますがご愁傷様です

黒豚:何が起こるのwwwwww怖いwwwwwwww






<黒豚:ギャアアアアアアアアアアアア冷たいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

焦豚:断末魔が・・・

裏豚:たまには聞かなかったことにするのも悪くは無いぞ

焦豚:そうだな、やつのことはほっとこう

裏豚:まあもう話すこともないし締めるか

焦豚:賛成、お疲れさん

裏豚:この記事を見てくれた人がいたらありがとうございましたー









赤鳥:ついでに中の人誕生日おめでとうございます

青鳥:更新日が誕生日だったのか

赤鳥:そうだったみたいです

青鳥:そういえば黒豚はどうなったの?

赤鳥:・・・意識不明の重体です

青鳥:少しやりすぎたかな・・・

赤鳥:だから言ったじゃないですか、塩+氷水のプールに24時間漬け込むのはまずいって

青鳥:・・・まあいいか
スポンサーサイト

検定×勉強×中間テスト

裏豚:あー・・・死んでしまう・・・

黒豚:死んでしまえ

裏豚:冷たいねー・・・俺はそういう風に育てた覚えは無いぞー・・・

黒豚:真面目に突っ込むとするならお前に育てられた覚えないから

赤鳥:で、何で中の人は死にかけてるんですか?

焦豚:何でも電卓と簿記の検定が近いから必死に勉強してるんだと

赤鳥:あの中の人が・・・ですか

青鳥:相当やばいんだろうさ 電卓なんて2日前からやっと手をつけ始めたらしいよ

赤鳥:無計画だからそうなるんですよ

裏豚:わかってますよー・・・一応検定は6月だからまだ大丈夫ですよー・・・

焦豚:両方6月なのか?

裏豚:うん!

焦豚:そりゃまた大変だな

裏豚:電卓のほうは希望受験なんだけどな、何を血迷ったか検定受けるって言っちゃってな

黒豚:簿記のほうは強制受験だから受ける時期がかぶっちゃってさあ大変と

青鳥:まあ今から必死にやれば両方受かるでしょ? あんた決して馬鹿じゃないんだから

裏豚:必死にやりたくない、勉強嫌い勉強嫌い勉強嫌い勉強嫌い勉強きr・・・

黒豚:壊れたな

焦豚:もう放置しておこうぜ

青鳥:相手にするの面倒だものね

赤鳥:・・・中の人、強く生きてください






黒豚:ところで、さっきからこの机の上においてある紙は何だ?


赤鳥:・・・どうやら中の人の中間テストの結果のようですよ

青鳥:あら面白いものがあったのね、晒しましょう

焦豚:あっさり晒そうなんて・・・青姉、あんたには人の血ってものが流れてないのか

青鳥:当たり前じゃない、私鳥だし

黒豚:・・・焦豚、大丈夫か?

焦豚:大丈夫だ、俺どうかしてた

青鳥:とにかくテストの結果見ましょうよ

焦豚:了解


現代文・・・・・・69点
数学A・・・・・・・97点
生物・・・・・・・・・87点
英語・・・・・・・・・69点
簿記・・・・・・・・・96点
情報処理・・・・94点

合計・・・・・・・・512点
平均・・・・・・・・85.3点



青鳥:何これ気持ち悪い

黒豚:中の人結構頑張ったんだな

焦豚:本当に勉強嫌いなのか?

裏豚:嫌いだよ!

赤鳥:でも勉強嫌いでこれだけ・・・異常じゃないですか?

青鳥:ちなみにこのテストのためにどのくらい勉強したんだい?

裏豚:んー各教科直前の休み時間に教科書見たくらいだから・・・10分ずつ

黒豚:これどうなの?普通なの?

焦豚:わかんねえよ、こればっかりは人の意見聞いてみないと

赤鳥:ところでこの点数を見る限り国語と英語で点数を落としてるみたいですが

裏豚:英語とかね、わかんないんだわ

黒豚:国語は?

裏豚:・・・わかんなかったんだわ

青鳥:文系のほうがダメダメね

焦豚:次の期末テストからは国語が現代文と古文に分かれたりするんだろ?

裏豚:ああ、そうだよ・・・ 現代文・・・古文・・・・・・嫌ああああああああああああああああああああああああ!

赤鳥:また壊れましたね

焦豚:うっとうしい、非常にうっとうしい

黒豚:このブログを見てる皆さん、中の人みたいに勉強嫌いにならないうちにしっかり勉強する癖をつけましょう






赤鳥:さて、これで今日の記事の更新は終了ですね

青鳥:あれ?コメントの返信はどうするの?

赤鳥:それは↓のほうに続きを読むというボタンがあるはずなのでそこから読んで頂く事にします

黒豚:じゃあ最初からそういう風にしておけばよかったのにな

赤鳥:どうやらそのやり方をこのブログを更新している最中に見つけたらしいですよ?

焦豚:やり方知らなかったんだな

赤鳥:まあそういうことです

青鳥:ってわけでまた次回の更新で会いましょう

黒豚:閲覧お疲れ様でした



コメント返信>>

続きを読む

局地的な大雨

(家畜小屋メインルーム)

黒豚:雨だねえ・・・

焦豚:だなあ・・・

青鳥:何しみじみしてんだか

赤鳥:あれ? そういえば中の人はまだ帰ってきてないんですか?

青鳥:そういえばいないね まああのクズのことだ、ほっとけばいつの間にか帰ってくるさ

黒豚:青姉ってそんなに口が悪い人だったっけ?

青鳥:文句を言うならクズに言ってくれよ

焦豚:俺この人には絶対逆らわないようにする

黒豚:ああ、そうしとけ

赤鳥:まだ死にたくないですもんね

青鳥:・・・・・・

裏豚:(玄関から)今戻ったぞー!

黒豚:青姉、クズの登場だぞ

青鳥:ちょっと行ってくるわ(玄関へ)

赤鳥:中の人大丈夫かなあ

焦豚:今の青姉は結構気が立ってるぞ、ありゃ八つ当たりされるな

黒豚:面白そうだから見に行かないか?

焦豚:よし、のった

赤鳥:・・・・・・この人たち人の不幸を喜んでる、怖い






(家畜小屋入り口)

青鳥:・・・あんたなんでそんなにびしょびしょなの?

裏豚:わかるだろ・・・雨+αだ

青鳥:だからといってこんなに濡れる!?

裏豚:まあかなりでかい一発をもらったからな

青鳥:はあ? あんた頭逝っちゃったの?

裏豚:まあ俺の愚痴に付き合ってくれ、話はそれからだ

黒豚:(・・・案外青姉おとなしいじゃないか)

焦豚:(問答無用でリンチとかやりそうだったのにな、ツマンネ)

青鳥:そこの豚二匹、何やってるの?

黒豚・焦豚:いえ、何でもありません タオルをお持ちしましょうか

青鳥:当たり前だ、このクズのために早く用意しな

裏豚:・・・なんで俺今クズって呼ばれたの






(再び家畜小屋メインルーム)

赤鳥:お帰りなさい・・・ずいぶんと濡れてますね

裏豚:まあ・・・うん、愚痴聞いてくれ

黒豚:これから中の人の愚痴披露か

焦豚:数ヶ月放置されるよりこんなネタでも更新されたほうがマシだろ

黒豚:まあな

青鳥:で? なんでそんなに濡れてるのよ

裏豚:大雨+強風+α

青鳥:なんかさっきより1個増えてる気がするけど・・・まあ強風なら納得

裏豚:ひどいもんだったぞ 傘がさせなかったくらいだ

赤鳥:それは災難でしたね

黒豚:でもまだ+αがあるわけだが

裏豚:ああ、その+α今日の取って置きのネタだぞ

焦豚:というと?

裏豚:よく漫画とかで車が水溜りをはねてその水がかかるってやつがあるでしょ?

焦豚:ああ、よくあるあれだな

裏豚:そう、あれ食らってきた

焦豚:なるほd・・・はあ?

裏豚:だから、車がはねた水でびしょ濡れになってきた


青鳥:さっきのかなりでかい一発ってそれのことだったのね・・・

黒豚:悲惨だ

焦豚:いや、きっとフィクションだ、そうに違いない

赤鳥:でもこの様子からすると・・・

青鳥:明らかに事実よね・・・

焦豚:まあ、なんだ おいしいネタができてよかったなwwwwww

裏豚:まあ水掛けられた瞬間ブログ更新のことしか頭に無かったわけだがwwwwwwww

黒豚:お前ら仲いいな

青鳥:でもまあ悲惨な事実に変わりはないわよね

赤鳥:こんなこと本当にあるんですね






裏豚:さて、このネタが書きたかっただけにブログを更新したわけだが

黒豚:いいんじゃねーの

赤鳥:やっぱり何ヶ月も放置されるよりはいいですね

裏豚:うん、なんかごめん

青鳥:それで今日はもう終わり?

裏豚:そう、終わり

焦豚:短くなかったか? と思ったけどいつも通りな気がしてきた

黒豚:下手したらいつもより長いけどな

赤鳥:そんなこんなでこの記事は終了です また次の記事でお会いしましょう


















裏豚:そういえばお前さっき俺のことクズって言ったな?

青鳥:え? そうだったっけ?

裏豚:とぼけるなよ 自分は色々言われたらすぐ怒るくせにな

青鳥:いいじゃない、いつもの仕返しよ

裏豚:仕返しって・・・いつもその場でひどい目にあってるんだが

青鳥:あー・・・

裏豚:つまり俺は今ここで何か仕返しをしていいわけだ

青鳥:何するつもり? 私に勝てるの?

裏豚:・・・1ヶ月酒禁止な

青鳥:ちょっとふざけるんじゃないわよ!? なんで私がそんなこt

赤鳥:いい加減にしねえか! 収集つかねえだろうが!!

裏豚・青鳥:すいませんでした

skypeが楽しすぎるんだよね

黒豚:・・・

赤鳥:・・・

焦豚:・・・久しぶりだな

裏豚:そうだな、この場でこの形式で会うのは久々だな

黒豚:あれか? 飽きたな?

裏豚:えー・・・何によ

黒豚:ブログを書くことに決まってるだろうが!

裏豚:・・・うん! つまんないもん!

焦豚:(こいつ開き直りやがった!)

裏豚:まああれだ、最近skypeばっかりやってるもんだからさ

赤鳥:skypeって言うとあの無料で通話できるってあれですか?

裏豚:まーそういうこった

焦豚:面白いのか? あれうっとうしそうだけど

裏豚:そら面白いよ? かつてのメイプルの面々が勢揃いなんだからさ

黒豚:なにい? そんなにいるのか?

裏豚:おうよ! まずシェンガk、次にレックス、さらにレンマグs、蛙k(元甜茶)、カズキ そしてわれらがマスターてりぽー!

青鳥:あらー結構いるのねー

裏豚:いたのか酔っ払い

青鳥:そういや私酒好きの女の設定だったんだっけ?

黒豚:そうだぞ、飲んだくれはさっさと巣に帰ってくれ

青鳥:ちょっとこの小生意気な豚借りて行くね

赤鳥:あ、はい、お構いなく

黒豚:え? ちょっと赤鳥、お前は味方だと信じていたアッー!

青鳥:今日のご飯は黒豚鍋~♪

焦豚:・・・無茶しやがってなあ






裏豚:まあそういうことでさっき名前を出した6人+αで楽しくやってるわけ

赤鳥:ん? そのαっていうのはいったい

裏豚:あー、お前ら知らないんだっけ 嫁さんだよ、てりぽーのね

焦豚:そういやあいつ結婚したんだっけな

裏豚:そうよ? 子供まで作っちゃってまあ・・・

赤鳥:って子供もできちゃったんですか

焦豚:ずいぶんとお盛んなことでwww

裏豚:まあそういうこと で、このメンバーで好き勝手騒いでるってな

赤鳥:しかしskypeで集まって主に何やるんですか?

裏豚:主にマリオカートだな、wiiの

焦豚:ほう・・・マリオカートとな

裏豚:かなーり殺伐としてるぞ、あれ

赤鳥:楽しくやってるんじゃないんですか、まったく

裏豚:とりあえず最近だけで言えばてりぽーの嫁さんがなぜか俺を煽ってくるってところがな

焦豚:てりぽーの嫁に嫌われた豚wwwwカワイソスwwwwww

裏豚:・・・・・・お前俺のこと嫌いだろ?

焦豚:いや、そんなことないっすよ そもそも中の人に嫌われたら出番ががががが

赤鳥:(いや僕いまだに空気率高いし・・・まだマシでしょ・・・・・・)

裏豚:とにかくだ、その嫁さんに「この糞豚が」とか言われんの もう最近は快感に感じるほど
黒豚:ちなみに最近は嫁さんに限らず「黒豚」ではなく「豚」とだけ呼ばれるようになったぞ
青鳥:ドMがいると聞いて
黒豚:もう悪意があるのかどうかすら分からないね!
裏豚:お引き取りください

焦豚:(青姉って露骨なSだよな)

青鳥:わーったよ、帰りますよ 後今よからぬことを考えた焦豚君は後で私の部屋に来るように

焦豚:・・・・・・

裏豚:まあ、なんだ 強く生きろよ

裏豚:そういうことでなんだかんだいってskypeめちゃくちゃ楽しい!

赤鳥:今説明がめんどくさくなったからって端折ったでしょ? そうですよね!?

裏豚:細かいことは気にしちゃいかんよ






焦豚:skypeが楽しいのはわかったけどさ、今後このブログはどうすんだ?

黒豚:だよなあ・・・もう今ぐらい放置するならいっそ削除したほうがいいんでねえのか

焦豚:(こいつ生きてたのか)

青鳥:だって今日は比較的軽めの拷も・・・しつけだったからね

焦豚:青姉、あなたいつ読心術覚えたんですか

赤鳥:~鳥って名前なら使えるみたいな遺伝じゃないでしょうか 僕も心読めますよ?

裏豚:わかった、わかったからその話題は後にしてくれ

青鳥:っとすまないねえ、話が脱線してたわ

裏豚:まあブログのほうは思い出したら更新って形をとろうかなと

黒豚:明らかに放置フラグ立った! これは折れないやつだぞ!

赤鳥:正直もう諦めてます

裏豚:いやー・・・うん、せめて1ヶ月に1回は更新するよ

焦豚:そりゃ半年も放置されるよりは・・・ねえ?

裏豚:正直反省はしている・・・と思った? そんなわけねーじゃん!

青鳥:・・・どうせ反省している振りだろうけどね

赤鳥:まったくです

裏豚:・・・もう信用も糞もないね

黒豚:当然だ






青鳥:今日はこれで終わりだよ

焦豚:また適当に更新しやがってなあ

赤鳥:中の人お得意のgdgd記事でしたね

黒豚:あいつは・・・あいつはいったいこのブログを見てる人に何を伝えたいんだ

赤鳥:混沌

青鳥:あー、微妙に納得

焦豚:収拾がつかなくなる前に記事締めさせてもらいますか

黒豚:そうすっか 赤鳥、青姉よろしく

赤鳥:はい、ここまで脈絡の無い分を見ていただきありがとうございました

青鳥:次は中の人がやる気を出すまで、んじゃそれまでさようならー













裏豚:なんで俺こんな時間に記事更新したんだろう・・・(現時刻午前3時)

読心術の原理

黒豚:突然だがね、赤鳥君

赤鳥:はい、どうしましたか?黒豚教授?

黒豚:うむ、今読心術について論文を書いていてだな・・・

赤鳥:つまり私に協力してほしいということですね?


黒豚:いや論文とかそういうの全部嘘でどうやって読心術やってるか知りたい

赤鳥:急に素に戻られたらアシスタント演じた僕はどうすればいいのかわからなくなるんですが







黒豚:というわけで、今回は読心術が使える赤鳥にそのコツを伝授してもらうことになりました~

焦豚:いったいいきなり何なんだ?

黒豚:個人的に気になってたから実証企画です

焦豚:ふ~ん・・・んじゃまず手始めに俺の心読んでみ?

赤鳥:・・・・・・ラーメン食べたいとかどうでもいいんですけど


焦豚:さすがだなー、おい黒豚鶏がらスープで頼む

赤鳥:あなたは内戦を起こすつもりですか?

青鳥:ふー、やっぱ飲み会の締めは豚骨ラーメンよねー

焦豚:ほう・・・私に戦争を挑もうというのか

青鳥:ほざいてな若造めが、私が本気出したら1秒かからないよ

赤鳥:・・・・・・・・・・・・

黒豚:ほっとけ、後で平和に味噌ラーメンでも作ってやる


赤鳥:まったく・・・で、読心術でしたっけ?

黒豚:そうそう、どうやって人の心を見抜いてるか教えてほしいのよ


赤鳥:あー、先に言っておきますが軽い厨二病的な原理ですよ?

黒豚:え?まじで?

赤鳥:まあ簡潔に言うと、その心情に合った色のオーラ・・・みたいなのが見えるんですね

黒豚:ずいぶんとオカルトですね

赤鳥:そんな事いったら読心術の存在自体がオカルトでしょ

黒豚:まあまあ、で色と心情とどんな関係があるんだ?

赤鳥:一例を挙げると、喜び:黄色 怒り:赤 悲しみ:青 楽天的な考え:オレンジ

黒豚:喜怒哀楽でも違うんだな、怒と楽がわかりづらいのが難点か

赤鳥:後は・・・欲求っていうのがいろいろな色で出ますね

黒豚:もう少し詳しく頼む


赤鳥:たとえば先ほどの焦豚君の「ラーメン食べたい」という食欲ですね
   これは実は緑に関連した色で見えるんです


黒豚:ほう・・・じゃあそのような感じで睡眠欲、性欲みたいなのがあるわけだ

赤鳥:まあそんなところですかね

黒豚:ところで紛争中のあの二人はどうなったのさ?

赤鳥:そういえば・・・うわっまた酒ですね(酒を無理やり飲まされたトラウマがある)

黒豚:焦豚が酒魔神なんていうから・・・

赤鳥:無茶しやがって・・・あ、ちなみに死にかけてる人のオーラは黒に近いです

黒豚:えー、俺死にかけかよー

赤鳥:大丈夫です、黒豚君はあの争いを緑のオーラを纏って見てますから






裏豚:さて、コメ返じゃないけど更新が遅れた件についてお詫びするよ!

裏豚:せっかく毎日見てくれてるのに1ヶ月くらい更新しなくてごめんね!ごめんね!!

裏豚:え?何?「お詫びはいいけど今日裏豚チョイ役だな」って?

裏豚:うるせえ!ぶった切るぞ!前回の記事で青鳥に殺されかけて全治1ヶ月の入院中だったんだよ!

裏豚:まったく・・・あの酒魔神が・・・


青鳥:おや~中の人こと裏豚さんではありませんか~

裏豚:!!!!

青鳥:確かにチョイ役だったよねー私たちも劣ってないけど

焦豚:というか俺ら要らなかったよな?


青鳥;随分と不遇だよね、私たちも

焦豚:まったくだな、青姉もついてねえな


裏豚:で、どんなご用件でしょうか?


青鳥:ああ、そうだった・・・お前酒魔神って言ったよな、さっき

裏豚:え?まさかwwwそんなこと一言も言ってませんぜwww


青鳥:焦豚、例の物を

焦豚:サー!イエッサー!

裏豚:えwwwどうしたんすかロープなんて持ってきてwww

青鳥:(無言で裏豚を縛る)

裏豚:ちょっとwww動けねえwww助けてwwっうぇwっうぇwww

青鳥:焦豚、スタンガン持ってきて

焦豚:サー!もう準備できてありますサー!


裏豚:ちょっとまってそんなきけんなものもってどうするの

青鳥:あせらず自分のセリフ変換しなさいな、読みづらいよ?(不敵な笑みを浮かべながらスタンガンをもって裏豚のほうへ)

裏豚:いやそういうメタ発言はやめてホント怖いkくぁwせdrftgyふじこlp;アッー!(感電)






赤鳥:なんか叫び声が・・・

黒豚:ほっとけ、きっと奴は別室行きだ

赤鳥:それにしても・・・随分と適当な更新でしたね

黒豚:まったくだ、まさか40分足らずで書き終わるとは

赤鳥:まあ今回はこれにて終了、次に更新されるのはいつですかね?


黒豚:さあ・・・裏豚が復帰してから・・・かな?







(編集注:話の中で裏豚が縛られたりスタンガン当てられたりしてましたが、中の人はMではありません。きっと)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。